<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
* 虹の橋へ旅立ちました
7月29日午前7時に虹の橋へ旅立ちました。
11歳8か月。
体重は1,200グラムでした。

旅立つ前日にスイカを食べました。
これが最後の食事です。

美味しいので嬉しい顔をしていますね。
最後に美味しい食事ができて良かった。

7月2日に前歯を少しカットしてもらった時の動物病院での写真。


動物霊園で葬儀をするため、たくさんお花を入れました。
お茶目で明るく、太陽のような存在だったから、
向日葵がとっても似合うね。


今頃は虹の橋で再会できたかな。
向こうでも楽しく仲良く、ずーっと一緒に暮らしてください。

 
17:11 | 病院 | - | -
* メーテルちゃん亡くなりました

2014年8月21日の早朝にメーテルちゃんは亡くなりました。
18日(月)から入院して頑張ってくれていましたが、
病院からお月様へ行ってしまいました。

9歳7か月でした。

仲間の看病を1日も欠かさず頑張ってくれた
優しい優しい子でした。







本日、お葬式を行いました。
長楽寺動物霊園の合同慰霊碑になります。

骨も内臓も丈夫で、走り回っていましたし、よく食べてくれていましたが、
加齢に伴い歯茎や歯根が弱って、持病の不正咬合の炎症が酷くなり、
飲み薬や注射も追いつかないほど悪化して、膿を飲み込みすぎて
具合が悪くなり亡くなりました。

亡くなったことは辛く悲しいですが、
毎日痛がったり、膿で気持ち悪くなり吐き戻していた辛い日々を思えば、
やっと痛みや苦しみから解放されたのだ、楽になったのだ、
と考えるようにしたいと思います。

本当はずっとずっとそばに居てほしかったですよ。
でも、痛みで辛く過ごしている姿を毎日見るのも辛かったです。

痛みも苦しみもない虹の橋で、仲間たちと楽しく暮らしてください。
かわいくてかわいくて本当に大好きでした。
 
22:04 | 病院 | - | -
* 通院と介護
実は、メーテルちゃんも通院が続いています。





元々、歯のカットで通院していましたが、
加齢に伴い歯茎も弱ってきたせいで、歯がガタガタで歯根膿瘍になってしまいました。

歯根が炎症していますので、右が腫れています。(向かって左側になります)


炎症止めを毎日飲ませています。

何も噛めなくなってしまいましたので、
流動食を作ってシリンジで一口ずつ与えています。


「痛いよ〜、痛いよ〜・・・」

そのような状態だというのに、仲間の看病を続けているのですよ。
これを見るたび、目頭が熱くなります。
何て優しい子なのだろう!!!と。


この子達がこれほどまでに頑張っているので、私もがんばれます!

通院やお薬飲むの、嫌だろうけど一緒にがんばろうね!


 
13:51 | 病院 | - | -
* 介護なの

2月下旬からメーテルちゃんは介護の仕事で大忙しです。



このように、体を支えたりして付き添ってあげています。
本当に優しい子なんです。



がんばろうね。
23:39 | 日常的な | - | -
* 9歳おめでとう
お陰様で、9歳になりました。
9歳の割には若々しいように思います。
かわいくてかわいくて仕方ありません。



腫瘍を切除した部分の毛は随分と生え揃ってきました。
私でさえも、傷痕を探せないほどになってきました。



9歳になっても換毛があります。
これは大変喜ばしいことです!




お気に入りの隠れ家で楽しんでいるところです。



このようにケージと隠れ家と行き来して遊んでいます。



前歯と奥歯のカットは2、3か月に1度ぐらいのペースです。
小動物の体の負担を考えて、
出来るだけ無麻酔で歯切をしてくださる動物病院です。
車で約1時間ほどの距離ですが、
高齢うさぎの手術も慎重丁寧に行ってくださいましたし、
うさぎよりもずっと小さな小動物も得意とされていますので、
とても心強い存在の動物病院です。

元気に暮らしてもらえるよう、
定期的に歯のケアをしつつ、健康管理を続けていきます。
01:39 | 日常的な | - | -
* 腫瘍の手術から1か月半経ちました
随分と毛も生えてきました。


腫瘍の検査の結果、良性でした。
まだまだ元気に飛び跳ねて、
美味しいもの食べて、
楽しく暮らしてほしいです。



あと2週間ほどで9歳になります。
毎日、楽しくすごそうね^^
 
15:11 | 病院 | - | -
* 腫瘍の手術
手術前に血液検査とレントゲン撮影を済ませ、
手術が可能かどうか診断していただきました。
8歳なので心配していましたが、血液検査の数値的には問題ありませんでした。
後は、麻酔から醒めるかどうか・・・。

無事に麻酔から醒めて、何と、お野菜を食べていました。
もう!心配したんだから!
そして無事に家へ戻ってきました。


みんな心配していたんだよね。

4針縫いました。
化膿しないように、毎日抗生物質を飲ませなければなりません。
痛み止めのお薬も飲ませます。

来週、抜糸の予定です。

本当によく頑張ってくれました。
平常通り、もりもり食べてくれていますよ。
暫くは大好物をあげますね。

腫瘍は検査に出しています。
これ以上、腫瘍ができませんように・・・。

-----------------------------------------
17:17 | 病院 | - | -
* 腫瘍


こんなに可愛くて、いい子で仲間思いで優しくて、表情豊かで、とても自慢のわが子なのですが、
3月頃でしたでしょうか、首の付け根辺りに小豆ほどの大きさのシコリを発見しました。
5mmほどの小さいシコリですので見ても分かりませんが、
マッサージをしてる際に指先の感触で気が付きました。

8歳ですから、加齢性のイボか脂肪の固まりかな?
皮膚のすぐ下ですので、まぁ、命にかかわることでもなさそうかな?
獣医さんに診ていただきましたが、小さいので経過観察とのことでした。
小豆ほどの加齢性のイボごときで、8歳の高齢うさぎに麻酔をかけるなんて
私はとてもとてもできませんでした。
イボが10個できたとしても、もうこのままそっと穏やかに
暮らさせてあげようと思っていました。

それから数か月後。小豆の大きさだったはずのイボは、大豆の大きさに成長していました。
しかも、下向きに成長していました。下向きとは骨に向かっているということです。
卵を縦向きにした感じの形状でした。
この時点ではまだ、皮膚のすぐ下にある状態でした。
ですのでまだまだ、辛うじて表面的にあるイボのように思いました。
病院でも、大豆の大きさで8歳に麻酔をかけるのは・・・。
私も同じ気持ちでした。
「たかがイボで麻酔なんて」と思っていました。

それが11月、どうにも気持ちが不安で一杯になってきました。
皮膚のすぐ下にあった大豆ほどの大きさのイボらしきものは、
皮膚から表面にポッコリ飛び出てきまして、下側というか内側は筋肉に向かって伸び始めていました。
卵を縦にした状態でどんどん大きくなっていて、1円玉ほどの大きさに感じました。







このスピードでシコリが大きくなってきたからには、加齢性のイボでは済まされません。
筋肉や血管を巻き込んで行くのも時間の問題と感じました。
成長が早すぎます・・・。

しかし、8歳ですので、このままシコリが大きくなったとしても9歳か10歳ぐらいまで
持ちこたえられるかもしれない・・・。慌てて手術して麻酔をかけて亡くなってしまっては、
本末転倒ですし・・・。
悩みに悩み続けた半年間でした。
このまま大きくなっていくのは確実でした。
悩んでいる間にも、どんどん大きくなっていっていました。
大きくなればなるほど、手術の時間がかかります。
それは麻酔をかけている時間が長くなるということです。
高齢で心臓が弱くなってきているところへ、麻酔による血管収縮で心臓が持ちません。
傷口も大きくなりますので、高齢者には体力的に負担がかかります。

8歳の今、手術は可哀想と放置していたとしましょう。
9歳になって、シコリが大きくなって筋肉も血管も骨も巻き込んだとしたら?
食事も食べれられなくなったとしたら?
それこそ9歳になったら、もっと手術はできないでしょう・・・。
手術もできず、食事も摂れず、苦しみ弱っていくのを見るだけの生活が予想できます。

もし8歳の今、手術してシコリを切除したとしましょう。
1円玉の大きさですので、傷口もまだ小さいでしょう。
手術の時間も短くて済むでしょう。
筋肉や骨を巻き込んでいないので、切除作業も難しくはないでしょう。
麻酔時間も、最短の時間ですむことでしょう。
ただ、この子の心臓がたえられるかどうかだけです。
もし、心臓が耐えられず、麻酔がかかったまま亡くなったとしても、
手術せず9歳や10歳になって毎日痛くて辛くて眠れなくて苦しむより、
痛みや苦しみを感じないまま、眠ってもらえるほうを選びました。

半年間、悩みに悩んで、涙の決断でした。
お別れを覚悟の決断です。
決断したくない決断です。
本人は何も知らないままの決断です。
もうこれで、この子の人生が終わってしまうなんて、
分かるはずもありません・・。
それがまた一段と悲しかったです。
ごめんね。ごめんね。


立ち上がれるほど元気なのに、ごめんね。


なでなでを一杯しました。


大好物を毎日あげました。



手術当日の朝、お腹一杯食べて、
元気いっぱいの状態で病院へ連れて行きました。

-------------------------------------
11:27 | 病院 | - | -
* うさぎの運動
 部屋の中で放し飼いにしておりますが、
あまり歩き回らず寝てばかりいます。
足腰、背中の筋力だけでなく、全身の筋力が落ちていきます。
そうなると、毛づくろいするために首をひねった状態で上下に顔を動かした際、
首の筋が違ったり、骨がずれたりして斜頸になってしまう恐れもあります。
できるだけ毎日、食べ物を手で持って上へ誘導するようにします。
すると、立ち上がるので、足腰と背中の運動になります。




ピントが合わなくて、シャッター速度も合わなくてすみません。



『いつまでも歩けるように頑張るですよ』




23:05 | 日常的な | - | -
* 継続は力なり
 
Tシャツの下にスイカを隠し持っているようなお腹になってきたパパ・・・。
おでかけする12月までに腹囲マイナス3cmが目標です。



『パパがんばるですよ』

12:36 | 日常的な | - | -